サイトマップサイトマップ

エンジン本体の修理代はいくら?オイル漏れや焼き付き修理の費用を解説

エンジン本体の修理代はいくら?オイル漏れや焼き付き修理の費用を解説

エンジンは車のなかでもっとも重要な部位。

エンジンが故障すると車が動かせないばかりか、高額な修理費用がかかるのは誰の目にも明らかであり、不安に感じてしまうのは仕方がありません。

しかしエンジンの故障とはいえ、オイル漏れからエンジン内部の故障まで症状はさまざまです。

なかにはエンジン本体以外の部品の故障による場合もあるため、思っている以上に安く直せるケースもあります。

今回は、症状ごとのエンジン修理費用相場と修理依頼先に加え、高額になりがちなエンジンの修理費用を抑える方法を紹介します。

修理費用の目安や修理費用を安くする方法を知っておけば、いざエンジンが故障しても落ち着いて対処ができるでしょう。

エンジン故障の主な原因と修理費用

多くの部品で構成されるエンジン周りの修理費用は、故障の程度や部位によって変動します。

オイル漏れのような軽微な故障なら数万円程度の費用で修理可能ですが、エンジン本体が破損すると数十万円の修理費用がかかることも珍しくありません。

おもなエンジンの故障原因は、以下の3つが挙げられます。

  • ・故障の前兆となるオイル漏れ
  • ・寿命を含む、エンジン本体の故障
  • ・エンジン周辺の補助装置の故障

ただし具体的な修理費用は、車種や車両年式などによって差が生じます。

大型で高性能なエンジンを搭載した車ほど部品代が高額になる一方、エンジンルームに余裕がある車ほど作業性に優れるため作業工賃は安くなる傾向にあることを覚えておきましょう。

焼き付きの原因になるオイル漏れの修理費用は5,000円〜8万円

もっとも起こりやすいエンジン本体の故障は「オイル漏れ」です。

エンジンの各部品の接合部には、ゴムや紙などでできた密閉剤が漏れ防止のために備わっており、これらが劣化することでオイルが漏れ出します。

漏出によって大量のオイルが失われるとエンジンが潤滑不良に陥り、内部部品が摩擦熱で融着する「焼き付き」が起こります。

こうなると、エンジン本体の分解や交換が必要となり高額な修理費用がかかってしまいます。

漏れやすい箇所はおおむね決まっており、以下の3点がエンジンオイル漏れの要注意箇所です。

密閉剤は「シール」「ガスケット」「パッキン」などとも呼ばれます。

  • ・クランクオイルシール:エンジンの出力軸であるクランクシャフトの密閉剤
  • ・ヘッドカバーパッキン:エンジン上部のフタに備わる密閉剤
  • ・オイルパンガスケット:エンジン底部のオイル受けを密閉する密閉剤

極端なオイル減少が認められず、にじむ程度の漏れであれば大がかりな修理は不要です。

場合によっては、周辺のボルトを締め直すだけで漏れが止まる場合もあります。

各部のオイル漏れ修理費用は以下のようになります。

修理内容修理費用
フロントクランクオイルシール交換(プーリー側)1万〜2万
リアクランクオイルシール交換(変速機側)3万〜8万円
ヘッドカバーパッキン交換5,000円〜1万円
オイルパンガスケット交換2万〜3万円

オーバーヒートやエンジンブローの修理代は10万〜100万円超

エンジン本体が損傷する原因は、以下のようなものが挙げられます。

  • ・焼き付き:オイル不足・潤滑不良などによるエンジン内部部品の融着
  • ・オーバーヒート:ラジエーターなどの冷却系統不具合によるエンジンの歪み
  • ・バルブクラッシュ:タイミングベルト切れや過回転などによるエンジン内部の破損
  • ・オイル上がり・オイル下がり:エンジン内部で漏れたオイルが排気ガスに混ざり、白煙が出る症状

いずれの場合でも、修理するにはエンジン内部の損傷した箇所の部品を交換、もしくはエンジンそのものを交換しなくてはなりません。

エンジンを車体から降ろさずとも直せるエンジン上部の修理やエンジンガスケットの交換なら、修理にかかる費用は軽自動車なら10万程度。普通車なら30万円ほどです。

しかし、エンジンを降ろすほどの修理が必要になると、エンジンそのものの代金に加え、大きく重いエンジンを着脱するため高額な作業工賃がかかります。

エンジン載せ替えの費用はエンジン代込みで最低でも30万程度。

大排気量車では修理費用が100万円を超える場合もあります。それぞれの修理費用は以下のようになります。

修理内容修理費用
載せ替え不要のエンジン修理10万〜30万円
エンジン載せ替え修理30万〜100万円超

センサーやECUの故障なら1万〜20万円

エンジンの始動不良や異常振動、出力低下などのトラブルは、エンジン本体の故障ではなく周辺部品の故障が原因の場合もあります。

エンジンの動作や制御に関わる、よく起こりがちな故障は以下の箇所です。

  • ・各種センサー:エンジン吸気量・スロットル開度・排気酸素濃度などの計測装置
  • ・ECU:エンジンを制御する回路基盤
  • ・イグニションコイル:着火装置(スパークプラグ)に高電圧を送る装置
  • ・燃料インジェクター:エンジンに燃料を供給するための噴射装置
  • ・燃料ポンプ:燃料タンクからエンジン周辺まで燃料を送り出す圧送装置
  • ・オルタネーター:エンジンの回転を利用する発電装置
  • ・過給機:エンジンの吸入空気を圧縮する装置(ターボチャージャー・スーパーチャージャー搭載車のみ)

それぞれの部品の修理および交換にかかる費用は以下のようになります。

修理内容修理・交換費用
センサー交換1万〜10万円
ECU修理・交換3万〜20万円
イグニションコイル交換1万〜2万円(1気筒あたり)
ガソリン・インジェクター交換3万〜5万円(1気筒あたり)
ディーゼル・インジェクター交換5万〜10万円(1気筒あたり)
燃料ポンプ交換3万〜7万円
オルタネーター修理・交換4万〜6万円
過給器の修理・交換5万~20万円

予期せぬエンジン故障の修理代は…

エンジンそのものの使い方や経年劣化以外にも、外的要因によってエンジン修理が必要になることがあります。

もっとも起こりがちな事柄は以下の2つといえるでしょう。

  • ・衝突事故
  • ・水没

それぞれのエンジン修理費用について解説します。

正面衝突事故を起こしたエンジンはどうなる?

大きな正面衝突事故が起きた際はエンジンの基礎ともいえるシリンダーブロックもダメージを受けやすく、外傷を受けて破損した場合はエンジン本体の交換をする場合はもちろん、分解するためであっても一度エンジンを降ろさなくてはなりません。

シリンダーブロックが破損したエンジンを分解修理するのは困難であるため、事故修理時のエンジンは交換するのが一般的です。

エンジンを交換修理する場合の費用は、エンジン本体の故障と同じくエンジン代込みで30万〜100万超の高額な修理費用がかかります。

シリンダーブロックが損傷するほどの被害ともなると、エンジン周辺部品やボディも相応に損傷しているため、どれだけ安く見積もっても100万円以上の修理費用がかかるでしょう。

水没した車のエンジンの修理費用はいくら?

水害に遭った車や、冠水路を走行した車もエンジンが故障する場合があります。

エンジン内部に水が侵入した状態でエンジンを始動した場合、あるいは稼働中のエンジンに水が侵入した場合は「ウォーターハンマー」と呼ばれる現象が起こり、エンジン内部を修理不可能なまでに破壊する恐れがあります。

ウォーターハンマー現象とは、エンジンに水が入った状態で作動させた際に高い圧力がかかってエンジンが破壊されてしまう現象のこと。

そうなるとエンジンの交換が必要となり、車に応じて30万〜100万円超の高額な修理費用がかかります。

水害に遭ったとしても、その後エンジンを始動せず、適切な処置を施せばエンジンが無事である可能性は高まりますが、水没の程度によっては車内の悪臭や車全体の腐食、電装系トラブルなどが起こりやすく、これらを完璧に修理するのは非常に困難です。

故障したエンジンはどこで修理できる?

エンジン周りの修理や載せ替え作業を依頼できるのは以下の業者です。

  • ・ディーラー
  • ・自動車整備工場

カー用品店やガソリンスタンドでも対応してくれる場合があるものの、多くの店舗で対応できるのはエンジンオイルなどの消耗部品の交換程度で、エンジン本体の修理や交換は受け付けてくれない場合がほとんどです。

保証対象なら迷わずディーラー

自動車メーカーは、エンジン本体と周辺部品に新車登録後5年走行距離10万kmまでの特別保証を設けており、条件に該当すれば無償でエンジンを修理してくれます。

事故や水没、サーキット走行などによるエンジン故障ではなく、保証期間内であれば迷わずディーラーでの無償修理を受けましょう。

ただし、保証外の修理や消耗品が原因で起こったトラブルへの対応の場合、ディーラーでの作業工賃はやや割高であり、部品交換が必要な場合は純正新品部品の使用を勧められるため、ディーラーでのエンジン載せ替え費用は非常に高額です。

しかし、ディーラーでも中古エンジンや、中古エンジンを整備したリビルトエンジンでの修理も行ってくれる店舗もあるため、新品エンジンへの交換費用が高いと感じたら中古品やリビルトエンジンでの修理を申し出てみるとよいでしょう。

修理費用を抑えるなら整備工場

メーカー保証対象外の車は、自動車整備工場への修理依頼がおすすめです。

整備工場は、ディーラーに比べて作業工賃が安い傾向にあるため、高額になりがちなエンジン載せ替え費用も抑えることができます。

また、整備工場では修理でも中古品やリビルト品を積極的に使うため、部品代も大きく抑えることが可能です。

周辺部品に関しても、ディーラーでは周辺部品一式が交換されるのに対し、整備工場なら状態を見極め、修理でより安価な費用で直せるケースもあります。

エンジンの修理費用を安く抑える2つの方法

エンジン修理費用を抑えられる方法を2つを紹介します。

  • ・中古エンジンやリビルトエンジンの活用
  • ・相見積もりの活用

以上の方法を実践すれば、高額になりがちなエンジン修理費用を大幅に抑えることも可能です。

ただし注意点も多いため、よく考えて利用する必要があります。

中古やリビルトエンジンに載せ替える

リビルト品とは中古品を整備した部品のことを指し、リビルトエンジンの価格は新品エンジンの半額に近く、未整備の中古エンジンならさらに安価に入手可能です。

ただし、それぞれの注意点を理解したうえで使用を判断する必要があります。

中古エンジンは状態が一切わからないため、すぐに故障する可能性も拭いきれません。

同じくビルトエンジンも整備状態が不透明な個体が数多く存在します。

ただし、多くのリビルトエンジンには保証がついており、ある程度の信頼性が担保された中古エンジンと捉えることもできます。

どちらのエンジンも使用上のリスクは残ります。

しかし新品エンジンであっても、搭載しても車自体が古ければ他の部分が壊れて乗れなくなってしまう恐れがあります。

車の年式や走行距離などを基準にして、どのエンジンを使って修理すべきか判断するとよいでしょう。

相見積もりで安い業者をみつける

「相見積もり」とは、複数の業者から見積もりを取る方法です。

整備士の工賃や部品の調達価格は工場によって異なるため、同じ規模の整備工場であったとしても費用には差が生じます。

また、工場によって修理方法が大きく異なる場合もあります。相見積もりを使えば、高額になりがちなエンジンの修理費用を確実に抑えることが可能です。

ただし、原因特定に手間がかかる故障の場合は、手数料がかかる点に注意しましょう。

見積もり依頼の手間を考慮すれば、事前に情報収集をしたうえで3社程度に絞っておくのが賢明です。

エンジンの修理に保険は使える?

車両保険は事故によって負った損害を補償するものであり、原則として経年劣化による故障は補償対象外です。

しかし保険会社や保険内容によっては、エンジンや車体の故障でも保険金が受け取れる場合があります。

車の故障に保険を使う方法は以下の2つへの加入です。

  • ・一般型(フルカバー型)車両保険
  • ・故障特約

それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

フルカバー型車両保険なら特定条件のエンジン修理にも対応

車両保険には一般型とエコノミー型に分けられており、「フルカバー型」とも呼ばれる一般型車両保険に加入していれば、車両事故や単独事故、当て逃げや水害によるエンジンの故障は保証されます。

また、ガソリンスタンドでの誤給油が原因でエンジンが故障した場合にも、保険会社によっては補償が受けられる場合があります。

一方、エコノミー型の補償範囲は単独事故が補償外であり、車両事故や当て逃げに関しても保険の契約内容によって補償される範囲が異なる点に注意が必要です。

地震によってもたらされた水害では補償が受けられないのは、一般型・エコノミー型ともに同じです。

故障特約に加入すればエンジンの故障でも一定範囲内で補償

保険会社によっては、故障でも保険金が支払われる特約を設けている場合があります。

ただし、1年定期点検の実施やレッカー移動された場合などの条件が設けられており、補償内容や加入条件も保険会社によって大きく異なります。

使用すると等級が下がり、車両保険と同じく翌年の保険料が上がる場合もあるため手放しで使えるとは言い難いものの、上手く利用すれば高額なエンジン修理費用の負担を減らすのに役立てることができます。

エンジンが故障したら車を乗り換えた方がお得な場合も

エンジン交換が必要になったら、車の乗り換えも検討しましょう。

とくに古い車の場合は、多額の費用をかけてエンジンを修理して乗り続けるよりも、新しい車に乗り換えた方が長期的な視点ではお得であり、重整備に伴うトラブルやリスクの観点でも安心といえます。

車の年式や走行距離に加え、残りの車検時期やボディの錆など車両の劣化具合も加味して修理か乗り換えかを判断しましょう。

水没や衝突事故などは、ボディの修復にエンジン修理以上の費用がかかる場合があるため、乗り換えを強くおすすめします。

また輸入車や希少車も、中古エンジンの在庫が少ないうえ部品代も高額であるため、乗り換えを選択した方がよいでしょう。

廃車買取業者ならエンジン本体が完全に故障した車でも重篤な衝突事故に遭った車でも、しっかりと値段をつけて買い取ってくれるうえ、出張見積もりや廃車手続き、移送費も無料で行ってくれます。

中古エンジンでの修理も買取もカーテンダーにおまかせ

エンジンが故障した車を修理して乗り続けるべきか、不動車として売却すべきか迷っているなら、廃車買取と自動車修理の両方に特化した工場への依頼がおすすめです。

カーテンダーは、事故車・廃車買取実績No.1の株式会社TAU(タウ)を母体とする修理工場ネットワークであり、修理費用と買取価格を同時に見積もりすることができます。

世界120カ国以上に廃車の流通経路を持つTAUは、エンジンが故障した不動車にでも業界トップクラスの買取価格が付けることができ、独自ルートでリサイクルパーツを入手できるためエンジン代も安価。

さらにカーテンダーが提携する全国の工場には、エンジンの修理が行える2級整備士が常駐しており、お客様に最適な修理方法をご提案できます。

損害車を専門に扱う修理工場のカーテンダーだからこそ、損傷状態を確認して正確な修理費用を算出でき、修理すべきか売却すべきか的確なアドバイスが可能です。

修理したとしても、売却したとしても、満足できる結果をお届けできます。

カーテンダーの提携工場ネットワークは全国に拡大中です。エンジンが故障したら、まずはお近くのカーテンダーに気軽にお問い合わせください。メールフォームや24時間フリーダイヤルでもご相談を承っております。

カーテンダーでは創業25年以上の経験を活かして、お客様に最適な修理を提案いたします。
電話・フォームからお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談こちら
0120-885-055
電話で相談する フォームから相談する

関連コラム

カーテンダーのサービス

カーテンダーは、大切な愛車の修理や、お車の売却、さらに次のお車の提案といったサービスをワンストップでご提供します。
事故や災害でお車の修理や売却にお悩みの方はカーテンダーに是非お任せください!

image

事故車
修理サービス

カーテンダーの事故車修理サービスは
クルマの状態に合ったベスト名修理方法をご提案

詳しくはこちら

事故車
修理サービス

image
詳しくはこちら

事故車・廃車
買取サービス

image
詳しくはこちら

リユースカー
販売

image
詳しくはこちら

相談フォームかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

24時間電話受付

0120-885-055